スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLOW DAY IN TEXAS

シカゴ・トリビューンのブログで書かれてたSLOW DAY IN TEXAS, 何となく面白かったので適当に日本語に訳して転載してみます。何となく狐につままれた気分になる文章です。

SLOW DAY IN TEXAS



It's a slow day in a little East Texas town. The sun is beating down, and the streets are deserted.Times are tough, everybody is in debt, and everybody lives on credit.....

On this particular day a rich tourist from back East is driving through town. He stops at the motel and lays a $100 bill on the desk saying he wants to inspect the rooms upstairs in order to pick one to spend the night.

As soon as the man walks upstairs, the owner grabs the bill and runs next door to pay his debt to the butcher.

The butcher takes the $100 and runs down the street to retire his debt to the pig farmer.

The pig farmer takes the $100 and heads off to pay his bill at the supplier of feed and fuel.

The guy at the Farmer's Co-op takes the $100 and runs to pay his debt to the local prostitute, who has also been facing hard times and has had to offer her "services" on credit.

The hooker rushes to the hotel and pays off her room bill with the hotel owner.

The hotel proprietor then places the $100 back on the counter so the rich traveler will not suspect anything.

At that moment the traveler comes down the stairs, picks up the $100 bill, states that the rooms are not satisfactory, pockets the money, and leaves town.

No one produced anything. No one earned anything. However, the whole town is now out of debt and now looks to the future with a lot more optimism.


ゆっくりした時間の流れる、テキサス東部の小さな街。太陽が燦々と照りつけ、通りはカラカラに乾いている。そこでの生活は厳しく、誰もが借金をし、ツケに頼って生活をしていた。

ある日のこと、裕福な旅行者がこの街に立ち寄った。彼はホテルに立ち寄り、その日の夜の宿泊のための費用100ドルをフロントで支払った。

彼が上の階に上がるや否や、ホテルのオーナーそのは紙幣をつかみ、隣の肉屋へ駆け込んで借金を返した。

肉屋はその100ドルを取り、養豚業者の借金返済のために通りを走った。

養豚業者はその100ドルを受け取り、農協へ餌と燃料の支払いに向かった。

農協の男は100ドルを受け取った後、地元の-既にヒドイ経験をして、ツケでサービスを提供した-売春婦へ支払いに向かった。

売春婦はホテルに向かい、宿泊代をその100ドルで支払った。

ホテルのオーナはーはレジにその100ドルをしまい込んだ。これで裕福な旅行者は何も疑う要素が無くなった。

丁度その時、旅行者が階段を降りてきて、部屋が満足できないという理由でその100ドルを受け取り、街を去った。

誰も何も生み出しては居ない。誰も稼いではない。

でも、街全体が借金から開放され、明るい将来が見えるようになったのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

Financial IT Engineer

Author:Financial IT Engineer
米国シカゴ郊外在住の金融系元IT屋によるブログ。金融業界での勤務経験を元に、世の中に流れるニッチなニュースを、できるだけ噛み砕いて解説する事をコンセプトとしたブログ。
Mail: financial.it.jp @ gmail.com

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
あれこれ
当ページの内容は、作者(FinancialITjp)の個人的見解で、所属する如何なる団体の見解とも異なります。ソースはできるだけ付記しますが、推測の範囲を出ないものもあり、内容の正確性は保証できません。尚、当ページはリンクフリーです。
    follow me on Twitter
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    629位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    経済分析
    53位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。