スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレステストを分析してみる

ワチャゴナブログ読者の皆様、ご無沙汰してます。Financial ITです。

日本に帰国してから、マーケットの世界に舞い戻ってしまったせいで、昼夜関係なく仕事する日々になり、ついつい筆不精になっている今日この頃。何となく申し訳無いなーと思っているところ、先日金融系ブログ界の大御所の方々にお会いした際に、コンスタントに更新される姿勢に啓発されたので久しぶりに更新してみた次第です。元々面倒くさがりなのでどこまで続くか分からんのですが…。お題はタイトルの通り、ストレステストについて。

今日7月24日の夜中1時、ついに欧州でストレステストの結果が公表されましたが、個人的には合格不合格についてはそれほど興味はありませんでした。というのも、シナリオも然程厳しいものでは無く、突然死しそうな銀行の洗い出しという目的よりは寧ろ、現時点で資本不足気味な銀行へ一斉に資本注入する上での言い訳作りみたいになってしまった感がある為です。これでソブリン危機が去ったと安心する投資家がどれだけ居るんでしょうか。

それよりはむしろ、各行でどれぐらいストレス前後で自己資本比率(capital ratio)が変わったかのほうが気になっていたのですが、予想通り各行別の結果には個性が表れる結果となりました。

各行別のものは、各国中銀or監査当局のHPに載ってるので、CEBSのリンクから辿ってみてください。Excelで載せてたり、英語バージョンが無かったり、そもそもリンクが切れてたり、27行分80ページ以上もの結果を1ファイルにして、読めるもんなら読んでみろ的な雰囲気を漂わせるところもあり、中銀の信頼性とリンクしてるんじゃないかと思うサイトも多々あるんですが、めげずに頑張ってみてください。素人お断り的な雰囲気が漂っています。

私ももうちょっと纏まってるサイトが無いか調べてみたんですが、どこを探しても、91行全部の一覧が無かったので、地道にデータを集めてきてExcelにコピペし、纏めてみたのが以下の表です。

項目としては、左から
・国(Country)
・金融機関名(Name of Institution)
・2009年時点でのTier1自己資本(Tier1 Capital)
・2009年末時点での自己資本比率(Actual 2009)
・2011年でのベンチマークシナリオに基づく自己資本比率(Benchmark 2011)
・2011年でのAdverse(ストレス)シナリオに基づく自己資本比率(Stressed 2011)
・上記Adverseシナリオに加え、ソブリンショックも含めたシナリオに基づく自己資本比率(+Sovereign 2011)
・Diffとして2009年の自己資本比率と上記2シナリオとの差分、ソブリンショックのみの資本影響を追記
尚、2009年のcapital ratio対比1%以上下落したところをオレンジ色で塗ってあります。

banks over 10B EUR of capital

元々資本の厚いところ(2009年時点のTier1 Capital 20Bユーロ以上)は、ストレステストなど何のその。蚊に刺されたぐらいのインパクトしか正直食らってないように見えます。ただ、元々自己資本比率が余り高くないイタリア系の銀行は、ストレスシナリオ下では8%割ってますが…。RBSの落ち幅が大きいのは資本毀損分がデカイのが要因でしょうか。

次に、資本10B以上のところを見ると、結構ストレスの結果を受けて、1-2%の悪化が見られます。ドイツ・スペイン系の銀行で顕著です。スペインはadverseシナリオ下で35%の住宅価格下落を織り込んでいるので、住宅ローンポートが大きいところはインパクトも相応なんですかね。ドイツはちゃんと見てないですが、東欧系のカントリーエクスポージャの影響な気がします。

尚、ソブリンショックについては、資本10Bまでの規模であれば何となく吸収できてそうな雰囲気です。そんなに国債・CDSポートは大きく無いんでしょうかね。ここに上げた以外にも中堅含めてリストを作ったのですが、ソブリンショックの影響を一番食らっているのはギリシャで、軒並2%超の悪化、続いてスペインとドイツの中規模行で1.5%台の悪化といったところでしょうか。

sovereign shock impacts

まだCEBSのサマリーを読んでないので、ざっと目を通してみて、国別の傾向等にもコメントしてみようかと考えています。

スポンサーサイト
プロフィール

Financial IT Engineer

Author:Financial IT Engineer
米国シカゴ郊外在住の金融系元IT屋によるブログ。金融業界での勤務経験を元に、世の中に流れるニッチなニュースを、できるだけ噛み砕いて解説する事をコンセプトとしたブログ。
Mail: financial.it.jp @ gmail.com

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
あれこれ
当ページの内容は、作者(FinancialITjp)の個人的見解で、所属する如何なる団体の見解とも異なります。ソースはできるだけ付記しますが、推測の範囲を出ないものもあり、内容の正確性は保証できません。尚、当ページはリンクフリーです。
    follow me on Twitter
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    631位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    経済分析
    50位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。