スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDSは悪者なのか(1)

結構CDSに関してTwitterで呟いた事が増えてきたので、噛み砕いて説明するコーナーを作ろうということで第一弾。

カリフォルニア州のトレジャラー(財務担当)が、「CDSのプライスがおかしい。何で我々がタイ・クロアチア・ブルガリアと一緒なんだ!」と文句言ってた記事がFTに掲載されたのが4月1日。アメリカの金融機関のカリフォルニア州のCDSの取り扱いについて、報告を依頼したという内容です。エイプリルフールのネタだったらまだ良かったんですが、残念ながら事実です。

背景にあるのは、税制優遇がありアメリカ内で消化されるMuni bond(地方債)以外に、ビルドアメリカ債という債券を州政府として初めて海外向けに売り出すので、CDSプレミアムで価格操縦されるのを恐れているということです。この辺の財政事情に関しては、拙著アメリカ各州の財務問題もご参考にどうぞ。しかし、クロアチアとかブルガリアに失礼じゃないかと思うのは私だけでしょうか…

しかもこの債券を売り出すために、ムーディーズがmuni bond (地方債)の格付ルールを「1世紀」ぶりに緩める対応をしたんですね。コーポレートより厳格だったのをS&PやFitchのように同一のルールにするらしいですが、7万の格付に影響、最大3ノッチも格上げになります。

まあ、政府としては自分の手の届かないエリアで価格が動くのが気に入らないので、何らかの圧力を掛けるという話になるでしょうが、カリフォルニア州の話で言えば、州債とCDSはマーケットが全然違う訳です。CDSマーケットは商品の損益・ポジションをちゃんと管理できる金融機関である条件はあれど、どこの国の誰が買っても問題が無い。一方州債はプライスに関わらず買いがコンスタントに入る。その意味ではCDSのほうが正しい評価がされているような気がしてなりません。

このように、債券の価格統制のためにCDSの「魔女狩り」が起こってる訳です。CDS取り扱ってたら石でも投げられそうな雰囲気ですね本当…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Financial IT Engineer

Author:Financial IT Engineer
米国シカゴ郊外在住の金融系元IT屋によるブログ。金融業界での勤務経験を元に、世の中に流れるニッチなニュースを、できるだけ噛み砕いて解説する事をコンセプトとしたブログ。
Mail: financial.it.jp @ gmail.com

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
あれこれ
当ページの内容は、作者(FinancialITjp)の個人的見解で、所属する如何なる団体の見解とも異なります。ソースはできるだけ付記しますが、推測の範囲を出ないものもあり、内容の正確性は保証できません。尚、当ページはリンクフリーです。
    follow me on Twitter
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    631位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    経済分析
    50位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。